観光スポット

興福寺の五重塔~歴史を学んで奈良観光をより楽しもう!

710年の平城遷都以来、奈良市に建てられた寺院というのは沢山あります。 勿論、長い時代の移り変わりの中で、動乱に巻き込まれたり、或いは火災にあったり、と再建を余儀なくされる場合も多いですが、それでも現代にまで残っているのは、それだけ歴史の中で重要な意味を持ち、また役割があったのではないかと思い…

興福寺仏頭にまつわる文化についてご紹介します

先にも、何度か興福寺の国宝である仏頭の話題を取り上げて来ました。 軽くおさらいすると、興福寺仏頭はもとは東金堂のご本尊。 火災で頭部以外が失われ、新しいご本尊の台座に納められていたものが、昭和になって発見されて文化財として貴重なものとして国宝に認定され、現在に至ります。 そもそもは…

興福寺仏頭はなぜ山田寺から移されることになったのか解説します!

「興福寺仏頭」とも称される国宝があります。 本来は名前の通り、興福寺の国宝館に展示されていますが、何度かお伝えしている通り、現在、耐震工事中で国宝館に入ることは出来ません。 ただ、興福寺仏頭については、12月まで同寺院の東金堂に遷座されており、そこで拝観することができます。 実はこ…

興福寺の仏像展の魅力とは?より楽しめる知識を吸収しよう!

これまでにもご案内してきた通り、今年、奈良の興福寺の国宝館は耐震工事が行われています。 阿修羅像を始め、沢山の見事な仏像展示がある興福寺ですから、折角参拝しても見られない像があるのは、やはり残念に思ってしまいますね。 ただ、一年まるまる見られない、という訳ではなく、特別展示が企画されてい…

興福寺の国宝館には見所がたくさん!分かりやすく解説します

別の記事でもお話しましたが、阿修羅像を始め、沢山の国宝を保管している興福寺の国宝館。 2017年の1月から一年かけて、耐震工事が行われることになっています。 ただ、年内に二度、寺院内で特別展示が行われるそうです。ということで、ちょっと予習をしておきましょう。 今回は、見所満載、興福寺国宝館…

興福寺にある阿修羅像の表情に驚愕!意味が色々あった!

かつては帝釈天と対立して闘っていながらも、仏教に帰依して守護する側となった「阿修羅」。その名前と姿形については、教科書に興福寺の阿修羅像の写真が載っていることや、漫画などの影響もあって、割合に多くの人が知っている気がします。 三つのお顔に、六本の腕。そのお顔について、それぞれ違う表情をしている…