飛鳥坐神社の御朱印特集~種類と値段ってどのくらい?

奈良県明日香村は「村」とはいうものの、重要な古代の王族の古墳が出土していることからも分かるように、古代の日本では政治的に重要な座を示していました。

当然多くの寺社も建立されていたわけですが、中でも飛鳥坐神社は日本書紀にも存在が確認される由緒ある神社です。

今回は飛鳥坐神社とその御朱印について解説します。

飛鳥坐神社とはどんな場所?

bf4bae4d

出典URL:http://livedoor.blogimg.jp/myacyouen-hitorigoto/imgs/b/f/bf4bae4d.jpg

飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)は奈良県明日香村に鎮座する神社です。

その名前を聞いたことがない人でも、奇祭「おんだ祭り」は耳にしたり目にしたことがあるのではないでしょうか。

五穀豊穣と子孫繁栄を願う神事ですが、とても露骨な性描写を含んでいるため、かなりのインパクトがあります。

正確な創建年数は不明ですが、神代から信仰の対象となっていた鳥形山に鎮座する神社です。

近くには飛鳥大仏の鎮座する飛鳥寺があります。

飛鳥坐神社そのものは飛鳥時代にはすでに建立されていたと考えられています。

ただし何度も火災に遭い、その度に復活するというハードな歴史を歩んできました。

主祭神として四柱の神々(大物主神・高皇産霊神・八重事代主神・飛鳥神南備三日女神)をお祀りしています。

万物の縁を結ぶ神々であり、出雲系統の日本神話に連なる由緒正しき神社です。

おんだ祭りにばかり目が行きがちで祭りに関連した記事ばかりが出回っている飛鳥坐神社です。

境内に数多く飾られている男女を象徴する石や、奇祭にちなんだ御守りなど、よその神社ではまず出会えない不思議な雰囲気を持つ空間となっています。

飛鳥坐神社の御朱印帳はどうなっているの?

男性・女性をモチーフにした石が数多くある境内を進んで社務所に向かうと、どうしても気になるのが御朱印です。

人に見せるのにも躊躇するデザインだったらどうしよう、しかしそれはそれで見てみたいとも思いますよね。

実際はおんだ祭りの影響は見られず、「大和国飛鳥宮」と神社の名称が記載されたごくオーソドックスなデザインです。

「元伊勢」の文字がありますが、これは伊勢神宮に遷座する前は天照大神をこちらの飛鳥座神社でお祀りしていたからだとか。

他にもいくつか奈良には「元伊勢」の名称を持つ神社があります。

政権が飛鳥から別の土地に移る過程で様々ないきさつがあったんだろうと想像すると楽しくなりますよね。

初穂料300円を納めると頂けますが、飛鳥坐神社にはオリジナルの御朱印帳なるものがありませんので、御朱印帳か用紙を持参する必要があります。

社務所にはなかなか人を見かけませんが、呼び出し鈴を押すと対応して貰えますので臆することなく押して下さい。

しかし、おんだ祭当日は飛鳥坐神社の関係者は皆さん出払って忙しく、別紙にあらかじめ記入されたものを受け取る形になります。

おんだ祭のついでに参拝しようと思っている方は要注意です。

まとめ

万葉の昔にも謳われた鳥形山に鎮座する飛鳥坐神社は、五穀豊穣を願う人々の祈りが詰まった大本山とも言うべきスポットです。

御朱印を見ていると、古代にどのような信仰を飛鳥坐神社が集めていたかよく分かります。

「おんだ祭」のシーズンには非常に混雑しますが、それ以外は混雑もせずのんびりと参拝できます。

飛鳥坐神社は見所たくさんのパワースポットですので、御朱印を頂くためにもお祭り目的以外にも参拝することをおすすめします。

最後にお伝えしたいことがあります。

私がパワースポット巡りを始めていた時期、実は大好きな男性との失恋や仕事が上手く行かず、散々な日々を過ごしていました。

そんな時、結婚チャンステスト(今だけ無料)いて私も診断したら理想の男性と出会うことが出来ました。

もし素敵な異性と出会いたい方は無料だし試してみてくださいね♪

気になる方はこちらをご覧ください。
結婚チャンステスト(今だけ無料)

いつもお読み頂きありがとうございます!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

通話料無料!悩みを解決できる電話占い

ヴェルニ

アーカイブ

他の地域のパワースポットサイト