興福寺にある阿修羅像の表情に驚愕!意味が色々あった!

かつては帝釈天と対立して闘っていながらも、仏教に帰依して守護する側となった「阿修羅」。その名前と姿形については、教科書に興福寺の阿修羅像の写真が載っていることや、漫画などの影響もあって、割合に多くの人が知っている気がします。

三つのお顔に、六本の腕。そのお顔について、それぞれ違う表情をしていることなども有名だと思います。とは言え、この三つのお顔がそれぞれ、どのような表情をしているか、となると難しいのではないでしょうか。

今回は、興福寺の阿修羅像について、その表情の持つ意味を考えていきたいと思います

スポンサードリンク

阿修羅像の表情のヒントは、光明皇后?

出典URL:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img.photo-ac/7b/7b47f1468a7a8fe76ac8a63349bbe376_w.jpg

阿修羅像は興福寺の像が一番有名ですから、静かな表情が想起されます。
ただ、本来は阿修羅というのは闘いの神であったので、猛々しい姿をしていることが多いのです。
京都三十三間堂の像などを見れば、人を威圧するような、怖い顔をなさっています。

対して、繰り返しになりますが、興福寺の阿修羅像は全くそのような事はありません。
なぜ、このような表情になったのか、その一因として言われるのが、光明皇后です。

光明皇后は東大寺の大仏建立の詔を発した聖武天皇の后で、父は興福寺を建てた藤原不比等、母は県犬養三千代。皇族以外の女性で皇后に立ったのは光明皇后が初めてであり、それだけ藤原不比等の権力が絶大なものであったと言えます。

また、聖武天皇だけでなく、光明皇后も仏教を深く信仰していたことが知られており、悲田院、施薬院を作ったことが日本史の資料集には載っていますね。

興福寺の阿修羅像がそもそもあったのは、現在は焼失した同寺院の西金堂で、それを建てたのが光明皇后です。
亡くなった母、三千代の冥福を願っての建立で、本尊は釈迦如来像。
そして、その周囲を囲む形で、帝釈天像や、阿修羅像を含む八部衆像が置かれていました。

慈悲深い皇后が亡き母を想って建立された場では、強面の像よりは、静かな佇まいの仏像の方が相応しく感じられますね。

スポンサードリンク

その表情に注目! 興福寺の阿修羅像

阿修羅像の表情に魅せられた人は多く、例えば「思いを決した少女の顔」(『街道をゆく 近江散歩、奈良散歩』)と評した司馬遼太郎など、沢山の人がその姿について記述しています。

また、興福寺阿修羅像の博物館展示に関わった、日本美術史学者で興福寺国宝館の館長である金子啓明氏は、左、右、正面へと、一個人の幼少期から青年期とかけての心の変化が表現されているという解説をされています。

きっと、その表情から感じるところは人それぞれ、全ての美術、芸術品がそうであるように、解釈は異なるものと思います。
あるいは、仏像に接した人の感情がそのまま反映され、そうして読み取ったものが、その人にとっての正解なのかも知れませんね。

まとめ

今回は人々を魅了してやまない、興福寺、阿修羅像のその表情についてご紹介しました

私が初めて興福寺の阿修羅像と対面した時、国宝館にあった仏像はガラスケースの中にあり、正面からのお姿しか見られない状態でした。
それが、展示のあり様が変わり、博物館での展示では横のお顔のみならず、後ろ姿さえも見られる、滅多にない機会となりました。

そして、実は興福寺の国宝館。2017年1月より一年間、耐震工事の為に休館となっています。
お寺を訪れて見られないのは残念なお話ですが、工事の後は、より安心してお目にかかれるのですから、ゆっくりお待ちしたいですね。

また、今年は春季、秋季の二回、興福寺内の別の場所での特別展示が予定されているそうです。
詳細はまだとのことですが、見たいと思われている方は、興福寺の公式ホームページでのご案内をチェックしてくださいね。

最後にお伝えしたいことがあります。

私がパワースポット巡りを始めていた時期、実は大好きな男性との失恋や仕事が上手く行かず、散々な日々を過ごしていました。

そんな時、結婚チャンステスト(今だけ無料)いて私も診断したら理想の男性と出会うことが出来ました。

もし素敵な異性と出会いたい方は無料だし試してみてくださいね♪

気になる方はこちらをご覧ください。
結婚チャンステスト(今だけ無料)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ