奈良で縁結びしたいなら春日大社をチェック!ご利益をご紹介!

冬の気配がしてきたこの季節、まだまだ紅葉が綺麗な間に休みの日どこかに出かけてみようか?なんて思う方。

年末の旅行の予定を今から考え始めているなんて方も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのは奈良の「春日大社」です。

奈良にある世界遺産としても有名な春日神社は縁結びのご利益でもすごく評判のいいパワースポットとしても人気がある所なのです。

今回はそんな風に評判の春日大社の魅力やアクセス方法などについて詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

縁結びのご利益がある神社が多い奈良の中でもいつもランキング上位の春日大社

出展:http://pado-ferie.up.n.seesaa.net/pado-ferie/image/koufukuji4.jpg?d=a0

奈良県内はもちろんのこと。

日本でも有数の縁結びの神社である春日大社は季節を問わずいつも多くの観光客でにぎわいを見せているとても信仰がある神社です。

縁結びの神社が多く集まる奈良の中で、どうしてこの春日大社が特に人気が高いのでしょうか?

その理由はと言いますと、こちらの春日大社の末社は日本の中で唯一の夫婦の神様を祀っていることで有名な神社であることもあげられます。

神話の中でも有名な大国主命と須勢理姫命が祀られている為、末社は「夫婦大國社」という名前で人々から親しまれています。

こちらではお参りすると縁結びや夫婦円満のありがたいご利益があることから、特に女性からの絶大な支持がある神社です。

最近ではすごい力を持った縁結びのパワースポットとしてもネット等でいつも評判を集めています。

また、こちらの春日大社では須勢理姫命の持ち物とされている「しゃもじ」に願いごとを書くと叶うといわれています。

ぜひ縁結びの願いを書いて夫婦神のありがたいご利益にあやかれるようにしましょう。

他にもこちらの春日大社には恋愛を占ってくれる「夫婦大国社の水占い」というものがあります。

これは紙を水につけるとそこに書かれている文字が浮かんでくるというとても不思議なもので、奈良にちなんだ鹿の絵柄も描かれているかわいいデザインになっています。

ぜひこの占いも活用して自身の縁結びに活用しましょう。

スポンサードリンク

縁結びのご利益ももちろんのこと、他にもたくさんご利益のある春日大社の見どころとは!

およそ1200年もの歴史がある春日大社には数ある見どころが存在します。

その中でも圧巻なのは、やはり約300基からなる釣燈籠と石燈籠ではないでしょうか。

こちらの神社の総本殿には周りを囲むようにある回廊にはたくさんの釣燈籠があり、歴史の深さを物語っています。

すべての燈籠に明かりがともる「万燈籠の日」は特に春日大社を訪れるのにお勧めです。

燈籠の優しい明かりが見ている人を幻想的な世界にいざなってくれます。

また、こちらの春日大社には「鹿みくじ」と言われるかわいい木彫りの鹿の形をしたものと陶器でできた鹿のものとの二種類の有名な鹿のおみくじがあります。

鹿の口には丸められているおみくじがくわえられていてとても愛らしいものになっています。

持って帰ってから鹿みくじを部屋に飾っておくのもお勧めですよ。

なぜこちらのおみくじが鹿の形なのかというと、春日の神様がその昔鹿に乗ってやってきたという言い伝えから「神様の使い」であると奈良の鹿は太古から人々に愛されてきたことから来ているようです。

●電車でのアクセス

近鉄奈良線の奈良駅より歩いておよそ20分で着きます。

●車でのアクセス

第2阪奈有料道路の宝来インターチェンジから東へ8kmほどのところにあります。

もしくは西名阪自動車道、天理インターチェンジからR169を経由して北へおよそ10kmのところです。

駐車場は100台ほど止めることができるので、比較的止めやすいです。

代金は1000円となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

春日大社は世界遺産として奈良を代表する素晴らしい神社ですが、何よりも縁結びのご利益がとてもある神社として人気なのです。

特に口コミ等では「いってよかった!」という声もすごく多く聞かれる神社なので、ぜひ縁結びの願いがあるという人は一度行ってみてほしいパワースポットです。

最後にお伝えしたいことがあります。

私がパワースポット巡りを始めていた時期、実は大好きな男性との失恋や仕事が上手く行かず、散々な日々を過ごしていました。

そんな時、結婚チャンステスト(今だけ無料)いて私も診断したら理想の男性と出会うことが出来ました。

もし素敵な異性と出会いたい方は無料だし試してみてくださいね♪

気になる方はこちらをご覧ください。
結婚チャンステスト(今だけ無料)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ