大神神社のお守りって郵送で入手できる?ご利益に迫ってみた!?

強力なパワースポットとして有名な神社やお寺の紹介記事を見て「私も参拝したい!」「あの神社でご利益を受けられたら……!」と、思うことはありませんか?

とは言っても、時間や距離などの制約があって簡単には行けない場合も多いと思います。

折角、素敵な情報を手に入れていても、移動を伴うものは難しいのが現実ですよね。

ですが、今回ご案内する「大神神社(おおみわじんじゃ)」は、開運を願う人たちの強い味方。

何と、お神札やお守りを郵送していただくことが出来るのです!

制約のある人にはとても有難い、大神神社とはどんな神社なのでしょう。

直に参拝できるのならばそれが一番ですし、気になるご利益は勿論のこと、いらっしゃる神様や押さえておきたいスポットについて、順にご紹介していこうと思います。

日本最古の神社で、本殿がない? そんな神様の正体は……

2016-10-20_09h55_25屈指のパワースポットと言われる大神神社、実は、日本で一番古い神社の一つです。

祀られている「大物主大神(おおものぬしのおおかみ)」は、奈良時代に編纂された『古事記』によると、国造りの仕事に悩まれていた大国主神(おおくにぬしのかみ)にお手伝いを申し出た神様。

手伝う条件として求めたのが、三輪山に祀られることでした。

また同時代にできた『日本書紀』では、大物主=大国主の魂、ということになっています。

何れにせよ、大国主神が出雲大社に祀られるようになる前のお話、ということですから、その古さが窺えますね。

そして、この「三輪山に祀る」というのが、実は大神神社の特徴の一つです。

一般的な神社にはある「本殿」が、この神社には存在しません。

あるのは「拝殿」で、そこから三輪山にお祈りする、という形なのです。

山そのものがご神体で、お祈りの対象になっている事も古い信仰の形そのままと言えますね。

かつては入山も出来なかった三輪山ですが、現在では申し込みをする事で登ることが出来るようになっています。

そして、大神神社の祭神、大物主大神の姿は「蛇」と言われています。

『日本書紀』には少し悲しいお話が記されています。

夜しか現れない夫(大物主)に妻が姿を見せてくれと頼んだところ、では驚かない様にと念押しされます。

明るくなって見てみれば蛇の姿が──!

思わず驚き叫んだ妻の様子を見た大物主は「もう来ない」と去ってしまい、嘆き倒れた妻は、その拍子に箸が自分の陰部を突き、亡くなってしまいます。

この妻の墓が「箸墓古墳」と神話では言われており、大神神社からも程近いところにあります。

また『古事記』では、夜毎に娘のもとを訪れる男性の素性を確かめようと、男の衣服に糸をつけて辿ったところ、なんと糸は戸の鍵穴を通って、果ては山の方に向かっていた、という物語があります。

この伸ばした糸の残りが糸巻きに三巻きあったことが、三輪の地名の由来になっているそうです。

万能の神様~ご利益に合わせたお守りも紹介

国造りに携わった神様が大神神社にはいらっしゃるのですから、やはりそのご利益は多岐に渡ります。

農・工・商業などの各種産業、そして医療や健康、造酒、交通安全、縁結び。

万能と言っても良いのではないでしょうか。

お守りもそれに応じて色々なご利益があるものがありますし、郵送も可能です(後述します)。

勿論、一番の場所は、大神神社の立派な鳥居や拝殿の向こうにあるご神体、三輪山ですが、訪れた際には押さえておきたい場所を挙げていきましょう。

・巳の神杉(みのかみすぎ)

神様の化身である白蛇がいらっしゃって、好物の卵がお供えされています。

一緒に写真を撮ると金運がアップすると言われています。

ちなみに、大神神社では金運がアップするお守りはありません。

そのため、こちらで金運をアップさせたい場合は巳の神杉での写真を忘れないにしてくださいね!

・なでうさぎ

撫でると運気が上がり、身体の痛い所が治ると言われています。

蛇じゃないのと思う方。

神社の例祭が卯の日に始まったことや、大物主=大国主ということで「因幡の白兎」のお話など、兎とはご縁があるんです。

普段は大神神社参集殿の入り口に置いてあるそうです。

大神神社には「病平守」という病気平癒の願いが込められたお守りも販売されていますので、なでうさぎを撫でつつ購入しましょう!

・夫婦岩(めおといわ)

神様と人間の恋物語に由来しています。

ここは是非、縁結びや恋愛成就、夫婦円満をお祈りしたいところですね。

ちなみに、恋愛に関するお守りは大神神社では販売されておりません。

・狭井神社(さいじんじゃ)

拝殿に向かった形で左の方、その名も「くすり道」を進んだ先にある神社です。

病気平癒を願う神社として有名です。

そのすぐ傍らにある「薬井戸(くすりいど)」のご神水は万病に効くと言われています。

この病気平癒のお守りは先程ご紹介しましたね!

大神神社のお守りは郵送で送ってもらえる

この様に、大神神社は万能な神社です。

そのため、お守りも様々な種類があります。

先に挙げたご利益に関するものはもとより、安産祈願や子ども用のお守りなどもあります。

また、変わったものとしては、上に挙げた「なでうさぎ」に因んだ、可愛らしい形のお守りも存在していますよ。

そして更に目を引くのが、勾玉のお守りです。

これは三輪山で出土した子持ち勾玉を模したもので、親勾玉に幾つもの子どもがくっついた様子は、増殖を意味しており、福を増やすこと、また子宝にも通じていますね。

見た目にもとても美しく、可愛らしいです。

この様に、流石に国造りの神様、祈願したいことは沢山出てきてしまいますね。

あと、大神神社のお守りで絶対に忘れてはいけないのは「交通安全」のご利益があるお守りです。

以下のような交通安全に関するものが7種類も販売されています。

1.交通守【甲】
2.交通守【乙】
3.ステッカー(「交通安全主語三輪明神」と記載されています)
4.追突防止【大】
5.追突防止【小】
6.エンブレム(「Safety drive 三輪明神」と記載)
7.自転車バイク守

凄まじい数の交通安全に関する種類のものがありますね。

ステッカーやエンブレムなどは微妙に違う気がしますが。

ちなみに、三輪明神は大神神社の別称です(ご存知の方は読み飛ばしてくださいね!)。

今回、大神神社の成り立ちやご利益、そしてそのご利益に応じたお守りについてご紹介しました。

まだ参拝されたことがない方に少しでも大神神社のことを知っていただけたら嬉しいです。

大神神社への直接の参拝を目指すならば、公共の乗り物だと電車を利用することになります。

JRの三輪駅からは徒歩5分、またJR・近鉄桜井駅からはシャトルバスが出ています。

ほかにも注目のパワースポットですから、バスツアーの行先として上がることも多いのではないでしょうか。

どうしても直接参拝に行けず、直接のご祈祷をお願いすることが出来ない時は、最初に書いたように大神神社ではお神札やお守りを郵送で送っていただくことが出来ます。
(※郵送をお願いする時は、手続きにお間違えがない様に公式ホームページを必ずご確認くださいね)

種類によって初穂料(お守りを授かる時にお渡しするお金のことです)も異なりますし、限定のお守りなどもありますから、こちらのURL(公式ホームページ)から大神神社の社務所、祭務部に問い合わせてみてくださいね。

郵送でお守りが送ってもらえるなんて、粋なサービスだと感じました。

日本最古の神社でありますが、サービスは進んでいる素敵な神社。

やはり、郵送で手に入るものも実際に参拝されてみて入手した方が実感が湧きますよね。

沢山のご利益にあやかれますように。

最後にお伝えしたいことがあります。

私がパワースポット巡りを始めていた時期、実は大好きな男性との失恋や仕事が上手く行かず、散々な日々を過ごしていました。

そんな時、結婚チャンステスト(今だけ無料)いて私も診断したら理想の男性と出会うことが出来ました。

もし素敵な異性と出会いたい方は無料だし試してみてくださいね♪

気になる方はこちらをご覧ください。
結婚チャンステスト(今だけ無料)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

他の地域のパワースポットサイト